家賃金額によって月5万円生活の難易度が大きく変わる理由【激安物件で人生イージーモード】

 

月5万円で生活するのって難しいのかな…
何か良い方法があれば知りたいな。

という疑問にお答えします。

本記事では、家賃1.8万円で月5~7万円くらいで生活している私が、月5万円で生活するなら激安物件がおすすめな理由を紹介します。

 

「独身・一人暮らし」向けの記事です。

目次

家賃が激安なら月5万円生活も可能

家賃を激安にできれば、月5万円でも無理なく生活することが可能です。

なぜなら、家賃が激安なら、

  • 単純に使えるお金が増える
  • 金銭感覚が大きく変わる

からです。

家賃が激安だと「単純に使えるお金が増える」

家賃が激安だと単純に使えるお金が増えるので、月5万円でも十分に生活していくことが可能です。

 

たとえば、家賃2万円の激安物件に住むことができれば、食費に2万円使っても残りの1万円で水道光熱費や通信費を支払うことは難しくないです。

もちろん外食が多いと食費2万円でも足りないですが、基本自炊なら2万円で無理なく生活することが可能です。

 

しかし、激安物件ではなく「家賃3.5万円などの一般的な物件」に住む場合は、月5万円での生活は困難といえるでしょう。

なぜなら、食費を我慢して1万円に抑えたとしても、残りの0.5万円で水道光熱費や通信費を支払うことになってしまうからです。

 

家賃が激安だと「金銭感覚が大きく変わる」

家賃を激安にすることができれば、金銭感覚が大きく変わるので、月5万円でも無理なく生活することが可能です。

 

主観的でザックリな話になってしまいますが、「家賃の金額×2倍=生活費の基準(ストレスが少ない生活費の金額)」が金銭感覚の一つの目安になると考えています。

 

たとえば、

  • 家賃 5万円
  • 家賃以外の生活費 3万円

上記のように月8万円で暮らす場合、

生活費の基準=10万円(家賃5万円×2)

「生活費(8万円)」<「生活費の基準(10万円)」

使えるお金が「生活費の基準」よりも少ない

我慢している感じがしてストレスがたまる

支出が増える

というふうにストレスがたまって支出が増えかねないです。

 

しかし、激安物件に引っ越して、

  • 家賃 2万円
  • 家賃以外の生活費 3万円

上記のように月5万円で暮らす場合は、

生活費の基準=4万円(家賃2万円×2)

生活費(5万円) > 生活費の基準(4万円)

使えるお金が「生活費の基準」よりも多い

ちょっと贅沢している感じがする

ストレスが溜まりにくいので、支出が抑えられる

というふうに、無理なく月5万円で暮らすことができます。

 

何が言いたいかというと、

上記2つの例については、家賃以外の生活費に同じ金額(3万円)使っていますが、

スクロールできます
家賃以外の生活費生活費合計生活費の基準(家賃×2)生活費-生活費の基準
例1(家賃5万)3万円8万円10万円(5万円×2)8-10=△2万円(高ストレス)
例2(家賃2万)3万円5万円4万円(2万円×2)5-4=1万円(低ストレス)

家賃の金額によって生活費の基準(ストレスが少ない生活費の金額)が上下するので、「家賃以外の生活費に同じ金額を使っていても、一方はストレスがたまって、もう一方(激安物件)はストレスが少ない」ということです。

 

激安物件でも満足度は高い

 

そもそも激安物件ってちゃんと住めるのかな…


と思わるかもしれませんが、普通に快適です。

たしかに、東京23区の激安物件(2万円以下)だと「風呂なし・築50年以上の木造」がほとんどなので、我慢が必要な物件も多いでしょう。

 

しかし、地方の物件なら家賃2万円以下でも、

  • 鉄筋コンクリート
  • 風呂トイレ有り(ただしユニットバス)
  • 築30年くらい

上記のような「ちゃんと住めそうな物件」は多いです。

 

最後に 激安物件に引っ越して人生をイージーモードに

家賃1.8万円の激安物件に引っ越して実感したのは、「家賃が激安だと、お金の不安が激減して気持ちが楽になる」ということです。

 

ですので、

  • お金の不安を減らしたい
  • もっと楽に生きたい
  • 人生をイージーモードにしたい

という人は、家賃を限界まで下げてみるのも一つの手ではないでしょうか。

目次
閉じる