家賃1.8万円の私が「節約生活に適した激安物件」の選び方を紹介【月5~7万円生活も可能】

 

生活費を格安にしたいから、
激安物件に引っ越したいんだけど、
選び方のポイントってあるのかな。

という疑問にお答えします。

 

本記事では、家賃1.8万円で月5~7万円くらいで生活している私が、「節約生活に適した激安物件」の選び方について、ポイントを5つ紹介します。

 

目次

①都市ガス

2021年6月 都市ガスのガス代明細 一人暮らし 8㎥

激安物件に引っ越して生活費を格安にしたいなら、「都市ガスの物件を選ぶのが最重要ポイントです。

なぜなら、都市ガスはプロパンガスよりも、ガス代が圧倒的に安いからです。

 

たとえば、私の場合、都市ガスの物件に住んでいますが、プロパンガスの全国平均値よりも月5,000円くらいガス代が安いです(2021年6月現在)。

8㎥のガス代
都市ガス
(私の場合)
1,847
プロパンガス
(全国の平均値)
6,980
差額△5,133

ですので、都市ガスではなくプロパンガスの物件なら、家賃については「実質5,000円プラス」と考えた方が良いでしょう。

激安物件にはプロパンガスのところが多いので、注意が必要ですね。

 

②礼金ゼロ

家賃1.8万円 賃貸借契約書 激安賃貸物件 敷金・礼金0

礼金は敷金と違って返金されるものではないので、できれば礼金ゼロの物件を選ぶようにしたいです。

激安物件であれば、礼金ゼロの物件も多いので、簡単に見つけることができるでしょう。

欲を言えば、「礼金ゼロ&更新料なしの物件」だと最高ですね。

 

たとえば、家賃2.4万円の場合、更新料(2年毎に家賃1ヶ月分)が必要なら、実質的な家賃が1,000円増えてしまいます。

関東だと更新料については徴収するところが多いですが、
地方には更新料徴収の習慣がない地域もあります。

 

③洗濯機が使える

TOSHIBA 洗濯機

激安物件には洗濯機置場がないところも多いので、

  • 洗濯機が使える物件かどうか
  • コインランドリーが近くにあるか

確認しておいた方が良いでしょう。

 

仮に家賃が激安でも、

  • 洗濯機置場がない
  • 共同の洗濯機もない
  • コインランドリーも近くにない

という場合は、洗濯が困難になるので注意が必要です。

 

なお、とにかく生活費を抑えたい場合は、洗濯機共同の物件がオススメです。

共同の洗濯機が使えるなら、

  • 洗濯機の購入代
  • 洗濯機使用時の電気・水道代

を節約することができます。

・洗濯機共同の物件
・洗濯機置場が外の物件
であれば、洗濯機の圧迫感がないので、部屋がスッキリしますね。

 

④スーパーが近い

業務スーパーの塗装

節約を極めたいなら、スーパーが近い物件を選ぶのがオススメです。

というのも、スーパーが遠い物件だと、

スーパーに行くのが面倒くさい

スーパーに行く頻度が少なくなる

まとめ買い or 通販が増える

余計なものまで買ってしまう

という感じに、浪費しやすいからです。

家賃に加えて食費も抑えることができれば、月5万円でも暮らすことができます。

 

⑤鉄筋コンクリート造(木造以外)

鉄筋コンクリート造マンションの外壁

激安物件に限った話ではないですが、木造よりは鉄筋コンクリート造や鉄骨造を選んだ方が何かと安心です。

なぜなら、鉄筋コンクリート造や鉄骨造の方が

  • 防音性
  • 耐火性
  • 耐震性

これらの点で木造よりも優れている可能性が高いからです。

特に防音性については、木造には音が筒抜けの物件も存在するので、注意が必要です。

余談ですが、実際に音が筒抜けの木造物件に引っ越して、
気持ち悪くなって4ヶ月で引っ越したことがあります。
節約目的で木造物件に引っ越したのに、かえってお金がかかってしまいました。

 

もちろん、一概に木造は音が漏れやすいとはいえませんが、一般的に鉄筋コンクリート造の方が木造よりも防音性能が高いので、鉄筋コンクリート造を強くオススメします

 

最後に 家賃激安&鉄筋コンクリート造の物件も結構ある

 

家賃が激安で鉄筋コンクリート造の物件って少なそう…

と思う方もいるかもしれませんが、探してみると結構あります。

もちろん、東京23区だと厳しいですが、東京でも23区外なら家賃2万円代で鉄筋コンクリート造の物件も存在します。

 

そして、地方なら

「家賃1万円台 & 鉄筋コンクリート造 & 都市ガス

というお財布に優しすぎる物件も結構あるので、節約生活を極めたい方は激安物件に引っ越すのも一つの手です。

目次
閉じる