退職・リタイア後の健康保険①【3つの選択肢の概要/扶養・任意継続・国保】

 

退職したら自分で健康保険料を払うのか。
健康保険っていろんな制度があるけど、
どれに加入すればよいんだろう。

という疑問がある方に向けて、3つの選択肢の概要を紹介します。

 

重要ポイント

・社会保険の扶養に加入する方法が一番お得
・任意継続と国民健康保険は、保険料の計算方法が大きく異なる

 

 

目次

健康保険の択肢は3つ

退職してすぐ就職する予定がない場合は、

  1. 社会保険の扶養に加入
  2. 任意継続に加入
  3. 国民健康保険に加入

の3つの選択肢があります。

①社会保険の扶養に加入

社会保険の扶養加入が一番お得な選択肢です。

ご両親などの親族が会社の社会保険に加入している場合、

一定の要件を満たすと加入できます。

 

一定の要件については、
下記ページで詳細に解説されています。
扶養者の認定基準

 

親族の扶養加入によって、

自身の保険料を0円にすることができるので、

最優先で加入を検討してみてください。

 

 

扶養加入のメリット

・自身の健康保険料が0円
・親などの扶養に加入させる人の税金が減る(基本的に5万円以上)

 

 

なお、残り2つの選択肢については、

たとえ年収が0円でも、

基本的に年間数万円以上の保険料を支払う必要があります。

②任意継続に加入

会社で加入していた健康保険に、

退職後も引き続き加入する方法です。

 

会社の健康保険については、

  • 協会けんぽ
  • 健康保険組合

の2種類があります。

 

任意継続の手続きについては、
退職日の翌日(資格喪失日)から20日以内に行う必要があります。

 

任意継続と残りの選択肢(国民健康保険)のどちらを選ぶか決めるために、

保険料の料金比較を行う必要があります。

 

そこで、協会けんぽの保険料率と保険料上限金額をもとに、

任継継続の毎月の保険料について、

計算例を紹介します。

 

健康保険組合の任意継続については、
組合によって保険料率や保険料上限金額が異なります。

 

 

具体例

・東京都の会社を令和2年9月末に退職
・健康保険は協会けんぽ
・30代、月の額面40万円

 

・標準報酬月額 41万円 ≧ 30万円 → 30万円

任意継続の標準報酬月額の上限は30万円のため、
標準報酬月額は30万円となります。

 

東京都40歳未満の保険料率は、9.87%なので、

・標準報酬月額30万円×9.87%=29,610円

が月の保険料額となります。

 

 

③国民健康保険に加入

住んでる自治体の健康保険に加入する方法です。

住所が東京都品川区の場合、

品川区役所で加入手続きを行うことになります。

 
年度ごと(4~3月ごと)に年間の保険料額が算定され、

算定には前年(1~12月)の収入金額を使います。

 

保険料算定方法の違い

・任意継続→退職時の「月の給与額面」をもとに保険料を算定
・国民健康保険→4月~12月分の保険料は「前年の年収」、
1月~3月分は「前々年の年収」をもとに保険料を算定

 

保険料の算定は、各自治体のホームページを参照すれば、

行うことができますが、

任意継続の保険料よりは計算が難しいです。

なので、

役所で計算してもらった方が良いと思います(下記記事で解説)

 

 

目次
閉じる