【脱サラ】リタイア生活で実感したメリット・デメリット【デメリットの対処方法も紹介】

 

リタイア生活って実際どうなんだろう…

という疑問がある方に向けて、

  • リタイア生活のメリット・デメリット
  • デメリットの対処方法

を紹介します。

 

目次

リタイア生活のメリット

①超自由

リタイアして一番のメリットだと実感したのは、「圧倒的に自由」ということです。

 

リタイアしてからは、

  • 何をするのも自由
  • いつ寝ても起きても良い
  • 仕事のストレスから解放
  • 好きな時に好きなことができる

ので、生活の満足度が向上しました。

 

②長期旅行も可能

リタイア生活なら毎日が日曜日なので、1ヶ月以上の長期旅行も可能です。

 

無計画な長期旅行も可能なので、旅の選択肢が広がりますね。

 

③人込みを避けて行動できる

平日の昼間も自由なので、いつでも快適に旅行を楽しむことができます。

 

リタイアすれば、大型連休を避けて旅行ができるので、

  • 電車・新幹線が激込み
  • 街中も激込み
  • もちろん観光地も激混み

といったストレスを回避できます。

 

④日曜日の夜でも憂鬱にならない

良くも悪くも曜日感覚が鈍るので、日曜日の夜もメンタルが安定しやすいです。

ですので、日曜6時半から気兼ねなくアニメ鑑賞ができます。

 

⑤ストレスが少ない

嫌なことをやる必要がないので、圧倒的にストレスが少ないです。

毎朝アラームに無理やり起こされなくなったので、朝の目覚めが劇的に良くなりました。

 

⑥支出を抑えることが容易

リタイア後は、節約の難易度が一気に下がります

理由は主に3つです。

  • 仕事のストレス発散による浪費が不要
  • 時間的な余裕があるので自炊可能
  • 低ストレスなので暴飲暴食による浪費が減少

 

⑦遠方の好きな場所に住める

リタイアすれば、通勤場所などの制約を受けないので、住む場所の選択肢が大きく広がります

あえて住み慣れた場所から離れるのも、人生にメリハリがついて楽しいかもしれません。

リモートワークが普及してきましたが、会社員だと職場から遠く離れた場所に住むのは簡単ではないですよね。

 

 

⑧物を減らしてスッキリできる

リタイアすれば、仕事着や仕事道具を手放せるので、持ち物を減らしてスッキリさせることができます。

 

特にスーツ仕事の人は、

  • スーツ、コート、ビジネスシャツ
  • カバン、革靴、革ベルト
  • ネクタイ・ピンバッチ

といった「仕事以外でほとんど使わないもの」を一気に手放すことができます

手放したスーツなど

 

継続して何かに取り組める

時間的な余裕が生まれるので、「物事を継続するハードル」がガクッと下がります。

たとえば、私の場合、

  • ブログ更新を継続する
  • 好きな時に自転車で旅する
  • 自炊して毎日たくさん野菜を食べる
  • 毎日1万歩以上歩く

といった「やりたいと思っていたこと」を、継続して行うことができています。

 

リタイア生活のデメリット

①給料なし

「給料なし」は、脱サラ・リタイア生活の一番のデメリットではないでしょうか。

副業をしてなければ、収入源が100%なくなるので、貧乏リタイアなら結構きついです。

もちろん、ボーナスの喜びも味わえなくなります。

 

②メリハリが低下

リタイアするとメリハリが低下しがちです。

なぜなら、仕事という強制力のあるルーティンがなくなって、朝きっちり起きる必要がなくなるからです。

 

③世間体が良くない

「リタイア=無職」なので、シンプルに世間体が良くないです。

特に、地元や実家でのリタイア生活は、居心地が良くないかもしれません。

 

④自堕落な生活になりがち

油断すると生活リズムが崩れやすいので、リタイア生活は自堕落な生活になりがちです。

ですので、気が付いたら昼夜逆転していることも、珍しくないとか思います。

 

生活リズムが崩れて心身に支障をきたすと、
せっかくのリタイア生活が台無しなので要注意ですね。

 

⑤趣味に飽きる

無職最高!
ゲームやりまくるぞ!!
アニメたくさん見るぞ!!

と思っていても、数ヶ月で飽きてしまう可能性が高いです。

日々ゲーム三昧でも飽きない人もいますが、そんな人は少数派ではないでしょうか。

 

デメリットの対処方法

①給料なし→生活費を下げる・ちょっと稼ぐ

富裕層なら給料なしでも大丈夫ですが、私のような貧乏リタイア者は、給料なしは結構きついです。

それでも、家賃を2万円以下にすれば、月5~7万円の低予算でも十分に生活することは可能です。

 

そして、月5~7万円くらいなら、雇われなくても十分稼ぐことは可能かと思います(挑戦中)。

 

②メリハリが低下→予定を入れる・運動する

メリハリ低下の予防には、

  • 旅行をして気分転換
  • 趣味を増やす
  • 日ごろから運動

などが効果的かと思います。

 

③世間体が良くない→開き直る or 開業する

無職は世間体が良くないので、形式上、開業するのも一つの手です。

 

書類1枚書いて税務署に提出するだけなので、簡単です。

これだけで、「職業→自営業」になります。

お金に余裕があるなら「会社を設立して社長・会社役員になる」のも良いかもしれません。

 

④自堕落な生活になりがち→散歩ルーティン・カーテンなし・1日2食

自堕落な生活に陥らないためには、睡眠の質を高くするのが効果的かと思います。

 

  • 朝起きたら散歩する
  • 遠くのスーパーまで歩いていく
  • 車ではなく自転車で移動する

生活の一部に運動を取り入れると、睡眠の質が上がって自堕落な生活を避けやすいです。

 

また、私のように朝が弱い方には、カーテンなし・1日2食生活もアリだと思います。

  • 朝きっちり起きれる
  • 昼寝が少なくなって、夜寝やすい

ので、おススメです。

 

⑤趣味に飽きる→生産活動を行う

ゲームや動画視聴などの消費活動に飽きたら、生産活動を行うのがオススメです。

なぜなら、出費が少なくて飽きにくいからです。

 

たとえば、

  • 自炊して料理を作る
  • ブログ記事を作る
  • 動画や音声コンテンツを作る

など、低予算で楽しめるものは結構ありますよね。

特にブログは月1,000円以下で楽しめるのが良いですね。

最後に すべて自分次第

リタイア生活は、「超自由なので天国にも地獄にもなり得る」と実感しました。

目次
閉じる