【極論】部屋をスッキリさせるために必要なたった1つのこと【収納を捨てる】

 

部屋をスッキリさせたいけど、全然スッキリしないな。
何か良い方法はないかな。

「収納用品を捨てる」のがオススメです。

 

 

本記事でわかること

・収納用品を捨てると、部屋がスッキリしていく理由
・収納用品がなくても、問題なく生活できる

 

目次

収納用品を捨てる理由

部屋をスッキリさせたいなら、「収納用品を捨てる」のがオススメです。

なぜなら、「収納用品の容量 ≒ 持ち物の多さ」だからです。

 

あえて居心地を悪くする

収納がなければ、収納に隠れていた物を重ねて置くことになるので、部屋がモノで圧迫されます。

 

モノを収納から取り出した状態

しかし、このような状態が作れたらどんどん部屋がスッキリしていきます。

なぜなら、「今まで収納に隠れていたモノ」を自然と把握できるようになるからです。

 

たとえば収納がなくなると、

 

なんでシェービングジェルのストックが3つもあるんだ…こんなにいらないよな…

といったかんじになるかと思います。

 

このように収納がないと、

・床がモノだらけになる
    ↓
・部屋が圧迫されて居心地が悪い
    ↓
・不要なモノは捨てないと気が済まない

という状況が作れるので、自然と不要なモノを手放していくことができます。

 

収納がなくても生活できる

 

収納ゼロが「スッキリした部屋への近道」なのは分かったけど、さすがにしんどくないかな。

という疑問が出てくるかもしれません。

 

たしかに、収納がないとモノが散乱しそうですが、収納ゼロでも意外と問題なしです。

なぜなら、一般的なお家・お部屋には「押入れという大きな収納」があるからです。

 

私の部屋には、収納は1つもありませんが問題なく生活できています。

自宅の押入れ

以下のモノを押入れに置いています。

・化粧水
・洗剤
・コロコロ
・衣類
・ドライヤーなど

 

押入れを収納として使うことで、

・部屋にボックスや棚を置く必要がない
   ↓
・常に部屋はスッキリ

になります。

 

大半の持ち物を押入れに置くことで、自分の持ち物を把握しやすくなり、消耗品の買いすぎ予防になります。

 

収納を手放せば「持ち物が押入れにおさまる分まで減っていく」ので、収納ゼロでも普通に生活できるようになるでしょう。

押入れがない場合

 

部屋に押入れがない人は、どうすれば良いんだろう…

押入れがない人は以下の手順で、「本当に必要なモノだけを残してから収納を購入」してみるのはいかがでしょうか。

 

STEP
収納を全て捨てる

部屋がモノで圧迫されて居心地が悪くなりますが、これが狙いです。

STEP
不要なモノを減らす

収納がないとモノが散乱するので、自然とモノを手放すことができます。

STEP
収納を購入

 

持ち物を厳選してから収納を購入することで「持ち物のリバウンド予防」になります。

 

収集癖があっても大丈夫

収納がなくても生活できるのは、
昔からモノが少なかったからでしょ

と思われるかもしれませんが、昔は収集癖があってモノが捨てられない性格でした。

 

昔の部屋

ちなみにトレーディングカードは、
2,000枚くらい持っていたと思います…

 

そんな私でも、収納を捨てたおかげで部屋をスッキリさせることができました。

最後に レジェンドの言葉

ぼくはモノを少なくして、

毎日幸せを感じられるようになった。

幸せが何なのか、

少しずつわかり始めてきている。

 

かつてのぼくのようにみじめで、

自分をだれかと比べてばかりの人、

つまり自分のことを不幸だと思っている人にはモノから一度離れてみることが、

とにかくおすすめだ。

佐々木典士『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』p31
目次
閉じる