【6年で13社投資】初心者にもおすすめのソーシャルレンディング・不動産クラウドファンディング6選

 

ソーシャルレンディング会社って、たくさんありすぎて選べないな…

という疑問がある方に向けて、

6年間で13社に投資して損失ゼロの私が、

おすすめの

  • ソーシャルレンディング会社3社
  • 不動産クラウドファンディング会社3社

を紹介します。

結論

【初心者に一番おすすめ】
クラウドバンク
【安全性を最優先】
Rimple(リンプル)

 

目次

信頼性は最重要(詐欺に要注意)

詐欺

投資全般に言えることですが、投資の一番のリスクは詐欺ではないでしょうか。

なぜなら、詐欺ではなく事業上の貸倒れ等であれば一定の返金が見込めますが、詐欺ならほとんど返金が見込めないからです。

保証や不動産担保付きの案件であれば、万が一貸し倒れても一定の返金が見込めます。

 

ですので、本記事では「信頼性とリスク軽減」を踏まえて、

  • 上場企業または上場企業の子会社
  • 投資累計額が高くて実績のある会社
  • 優先劣後方式採用の会社(元本が守られやすい)

に限定して紹介します。

そのため、年利8%以上の高利回り案件を主に扱っている会社は、リスクが高いため除外しています。

 

ソーシャルレンディング=融資型

ソーシャルレンディングとは、融資型のクラウドファンディングであり、「投資家」と「借入が必要な企業」との「仲介を行うビジネスモデル」のことをいいます。

 

①クラウドバンク

クラウドバンク
おすすめ度5 out of 5 stars
サービス名クラウドバンク
運営会社日本クラウド証券株式会社
設立1993年
上場の有無非上場
業態融資型クラウドファンディング
サービス開始2013年
最低投資金額1万円〜
累積投資額1,420億円超
想定利回り4〜7%
運用期間2〜36ヶ月
分配・償還毎月分配
登録第一種・第二種金融商品取引業者
応募方法先着
競争率

クラウドバンクは、投資累計額1,000億円超の実績のあるソーシャルレンディング会社です。

また貸し倒れゼロ・元本回収率は100%で、担保ありの案件も多いので、安心感があります。

基本的に複数の案件を常時募集しているため預貯金を素早く運用することが可能です。

 

2018年頃にソーシャルレンディングがメディアで注目されて以来、

  • 人気すぎて投資ができない(クリック競争の激化)
  • 抽選の倍率が高すぎて投資できない(倍率6倍以上も珍しくない)

という状況になってしまいましたが、クラウドバンクは案件がとても多いので投資がしやすいのも特徴の一つです。

また、毎月分配&出金手数料が無料」なので資金を有効活用することができます。

 

クラウドバンクのデメリット
  • 担保なし案件もある
  • 情報開示されていない案件もある

貸し倒れゼロとはいっても、基本的にソーシャルレンディングには元本毀損リスクがあります。

ですので、今後貸し倒れが絶対に発生しないとはいえないので、案件ごとに担保の有無を確認した方が良いでしょう

\ 人気No.1ソーシャルレンディング /

 

②SAMURAI FUND(サムライファンド)

SAMURAI FUND
おすすめ度4 out of 5 stars
サービス名SAMURAI FUND (サムライファンド)
運営会社SAMURAI証券株式会社
設立2002年2月
上場の有無非上場
業態融資型クラウドファンディング
サービス開始2016年
最低投資金額1万円〜
累積投資額5億円
想定利回り3〜10%
運用期間1〜24ヶ月
分配・償還案件による
登録第一種・第二種金融商品取引業者
募集先着
競争率

SAMURAI FUNDは、ナスダック上場企業のMURAI&J PARTNERS 株式会社(Nexus Bank)の100%子会社なので、信頼性が高いです。

現在まで貸し倒れゼロであり、株式会社日本保証の保証付き案件や不動産担付き案件が多いので、安心感があります。

 

利回り6%以上の案件も扱っているため、

  • 信頼性
  • 安心感
  • 利回り

これらのバランスが良いといえるでしょう。

 

SAMURAI FUNDのデメリット
  • 案件少なめ&人気すぎて投資しづらい
  • 保証無し案件もある

SAMURAI FUNDでは保証が無い案件も扱っているため、案件ごとに保証や担保の有無を確認した方が良いでしょう。

\ バランスの良さで選ぶなら /

 

③OwnersBook(オーナーズブック)

OwnersBook
おすすめ度4 out of 5 stars
サービス名OwnersBook
運営会社ロードスターインベストメンツ株式会社
設立2012年
上場の有無非上場
業態融資型クラウドファンディング
サービス開始2014年4月
最低投資金額1万円〜
累積投資額214億円超
想定利回り5〜7%
運用期間3〜36ヶ月
分配・償還3ヶ月毎
登録第二種金融商品取引業者
応募方法先着
競争率

OwnersBookは、東証マザーズ上場企業の100%子会社が運営しているため、信頼性が高いです。

 
また、全案件に不動産担保が付いているため、元本毀損のリスクが軽減されています(現在まで貸倒ゼロ)

 

OwnersBookのデメリット
  • 事前に資金を預けないと抽選応募ができない
  • 投資できないことが多い(倍率5倍以上も珍しくない)
  • 運用期間が比較的に長いためややリスクがある

抽選倍率が高くて、応募には資金を預けている必要があるため、資金を無駄に遊ばせてしまう可能性があるのが大きなデメリットです。

また、運用期間が比較的に長いため、やや貸倒れリスクがあるといえるでしょう。

\ 全案件が不動産担保付き /

  

不動産クラウドファンディング

 

不動産投資型クラウドファンディングとは、投資家から資金を集めて不動産へ投資するビジネスモデルで、投資不動産からの賃貸料や売却益をもとに投資家への配当が行われます。

「融資型=ソーシャルレンディング」では融資先の不正問題が話題になりましたが、不動産投資型クラウドファンディングは、集めた資金を運営会社が不動産に直接投資するため、安心感があります。

 

④COZUCHI

おすすめ度4.5 out of 5 stars
サービス名COZUCHI
運営会社LAETOLI株式会社
設立1999年7月1日
上場の有無非上場
業態不動産投資型クラウドファンディング
サービス開始2019年
最低投資金額1万円〜
累積投資額15億
想定利回り4.5〜12.0
運用期間2〜24ヶ月
分配・償還償還時一括
登録宅地建物取引業者
不動産特定共同事業者
応募方法先着・抽選
競争率

COZUCHIは、優先劣後方式を採用しているため、万が一損失が発生した場合は、第一にCOZUCHIが損失を負担する仕組みになっています。

COZUCHIでは、「優先的に負担する割合=劣後出資割合」が約30~40%と非常に高いので、投資元本が守られやすいです。

つまり、損失の発生額が劣後出資割合(30~40%)の範囲内であれば、「投資家の損失はゼロ」ということです。

 

COZUCHIのデメリット
  • 非上場企業が運営
  • 抽選で当選しないと投資できない

運営元のLAETOLI株式会社は、20年以上の歴史のある不動産会社ですが非上場企業なので、上場企業が持つ安心感を求める方には不向きでしょう。

\ 劣後出資割合が高くて安心 /

 

⑤CREAL(クリアル)

CREAL(クリアル)
おすすめ度4 out of 5 stars
サービス名CREAL
運営会社CREAL株式会社
設立2011年5月
上場の有無非上場
業態不動産投資型クラウドファンディング
サービス開始2018年11月
最低投資金額1万円
累積投資額90億円超
想定利回り4〜6%
運用期間4〜24ヶ月
分配・償還償還時一括
登録宅地建物取引業者
不動産特定共同事業者
応募方法先着
競争率

CREALは、累計投資額が90億円超の実績のある会社です。

また、案件の種類が豊富で、マンション投資だけではなく、

  • オフィス
  • 商業施設
  • 保育園
  • 宿泊施設

なども扱っています。

ですので、色んな種類の案件に分散投資して、リスク軽減を図りたい人にも向いています。

 

CREAL(クリアル)のデメリット
  • 非上場企業が運営
  • 劣後出資割合が低い

CREALは、劣後出資割合が5〜20%と低めです(劣後出資割合=クラウドファンディング会社が優先的に損失を負担する割合)。

前述のCOZUCHIは、劣後出資割合が「約30〜40%」、このあと紹介するRimple(リンプル)は約30%です。

CREALは不動産のプロなので、簡単に損失が発生することはないと思いますが、何が起きるかわからないので、安全性が最優先の方には不向きでしょう。

\ 運用実績で選ぶなら /

 

⑥Rimple(リンプル)

Rimple(リンプル)
おすすめ度5 out of 5 stars
サービス名Rimple(リンプル)
運営会社プロパティエージェント株式会社
設立2004年2月6日
上場の有無東証一部
業態不動産投資型クラウドファンディング
サービス開始2020年2月
最低投資金額1万円
累積投資額11億円超
想定利回り3.5〜5%
運用期間6〜12ヶ月
分配・償還償還時一括
登録宅地建物取引業者
不動産特定共同事業者
応募方法抽選
競争率

Rimple(リンプル)は、東証一部上場のプロパティエージェント株式会社が運営元なので、非常に信頼できるクラウドファンディングです。

また、プロパティエージェントは、16期連続で増収増益を実現している堅実な企業なので、安心感も抜群です。

劣後出資比率も約30%と高い水準なので、投資家の元本が守られやすくなっています。

不動産業界で非常に有名な企業なので、安心感を求めるなら優先的に利用したいサービスです。

 

Rimple(リンプル)のデメリット
  • 人気すぎて抽選倍率が高い
  • 案件が少ない
  • 利回りが低い

そもそも運用元のプロパティエージェント株式会社は、マンション販売などがメインの事業となっています。

ですので、サブ事業のクラウドファンディングで無理な案件をこなす必要がないので、安全性の高い案件が揃っている反面、案件数は少ないです。 

 

また、リンプルは、東証一部上場企業が運営していることもあって、非常に人気で抽選倍率が6倍を超えることも珍しくないです。 

抽選倍率が非常に高いですが、当選しても利回りが低い(3%台)のものが多いため、利回り重視の方には向いていないといえるでしょう。

\ 信頼性・安全性が抜群 /

 

分散投資で貸し倒れリスクを軽減

リスク

 

ソーシャルレンディング・不動産クラウドファンディングを利用するなら、複数の会社で分散投資がおすすめです。

なぜなら、分散投資によって、

  • 会社倒産のリスク
  • 貸し倒れのリスク

による損失を軽減できるからです。

 

例えば、100万円を運用するケースを考えると、

1社に100万円を全額投資の場合

・1社倒産で50%の損失が発生
   ↓
・50万円の損失

10社にそれぞれ10万円の分散投資の場合

1社倒産で50%の損失が発生
   ↓
5万円の損失

上記2パターンの損失を比較すると、

  • 1社に全額投資の損失額→50万円
  • 10社に分散投資の損失額→5万円

このように万が一損失が発生しても、分散投資によって損失を抑えることができます。

 

仮に分散投資によって損失が5万円発生しても、100万円を利回り5%で1年間運用できれば、運用益5万円で損失5万円を補填することができます。

ですので、単純計算で「トータルの損失はゼロ」です。

この考えに基づいて、実際に10社以上で分散投資をしています。

 

一番おすすめはクラウドバンク

長期的には分散投資がおすすめなのですが、

 

とりあえず、まずは1社で運用してみたいな

という方には、クラウドバンクが一番おすすめです。

なぜなら、実際に投資ができる可能性が高いからです。

 

繰り返しになりますが、2018年頃からメディアで注目されて以来、実際に投資するのが非常に難しくなっています。

そんな中でもクラウドバンクなら、案件が非常に多くて投資がしやすいので、初心者の方には一番おすすめできます

毎月分配&出金手数料が無料」は、地味に嬉しいポイント(毎月分配の会社は非常に少ない)

 

クラウドバンクは、投資累計額1,000億円超の実績のある会社で安心感もありますが、万が一に備えて、まずは不動産担保付き案件を選ぶのがおすすめです。

\ 人気No.1ソーシャルレンディング /

 

安全性が最優先ならリンプル

 

クラウドファンディングってなんか怖いから、安全性が高いサービスなら投資してもいいかな。

という方には、Rimple(リンプル)がおすすめです。

なぜなら、信頼性と安全性が非常に高いからです。

  • 東証一部上場が運営
  • 16期連続増収増益
  • 劣後出資割合が約30%と高い水準(元本が守られやすい)

 

ただ、デメリットとしては、非常に人気でなかなか投資できない可能性があります。 

たとえば、2021年7月募集の案件では、応募金額ベースで倍率は約5.7倍でした。

Rimple(リンプル)の投資応募倍率

私の場合、「8回応募して2回当選」したので、「当選確率は25%」ですが、これでも高い方だと思います。

 

  • 収益性よりも、とにかく安全性が第一
  • 当選するまで気長に待てる

という方には、リンプルが一番おすすめです。

\ 信頼性・安全性が抜群 /

 

【厳選6サービス一覧】

サービス名おすすめ度特徴
クラウドバンク5 out of 5 stars毎月分配&投資しやすい
SAMURAI FUND4 out of 5 starsバランスが良い
OwnersBook4 out of 5 stars全案件に不動産担保付き
COZUCHI4.5 out of 5 stars劣後出資割合が非常に高い(元本が守られやすい)
CREAL4 out of 5 stars運用実績が業界トップクラス
Rimple(リンプル)5 out of 5 stars東証一部上場企業が運営
目次
閉じる